2008年09月16日

低資金で始める株式投資

スポンサードリンク

  株で儲けるためには、なるべく多くの株数を保有することが大切なのですが、実際にはじめて株式投資をしようという人にとっては、いきなり何十万、何百万とという大金を株式投資につぎ込んでしまうことは不安なものです。

 また、知識もあまりない人が、こういった投資の仕方をしてしまうのは、大変危険でもあります。

 ですから、株をこれからスタートしよう、としている人は、少しの金額で、最低購入金額が高い株を購入することができる、『ミニ株』や『るいとう』を利用するのも、一つの方法として知っておいたほうがよいでしょう。

 ミニ株やるいとうなら、株主としての権限に制限がかかってきますが、単元株数以下の株数を、数万円単位で売買することができます。この方法であれば、少ない予算で無理なく株式投資を体験することが出来るでしょう。このミニ株やるいとうで株式投資を経験することで、株に対する苦手意識を克服し、積極的に投資ができるように勉強をするのも悪くないことだと思います。

 ミニ株は株数が最低売買単位に達していないため、株主の権利にいくつかの制限がかかってきます。原則として株主優待を受けることはできません。また株主総会に出席することもできません。

 またるいとうでは、るいとうで購入した株数が1単元株に達し、名義の書き換えをすれば、通常の株主と同じ権利を得ることができます。

 株で儲けるために必要な準備として、資金を出すことができない人でも気軽に始められるミニ株とるいとうは今後もますます広がっていくことでしょう。

 こういったちょっとした投資金額でできる投資方法で、株式投資についての経験を積みつつ、勉強を並行して行い知識を増やし、自信がついたところで、大きな金額の取引にチャレンジする、というのが、現在の株式投資の王道ではないでしょうか?
posted by 株大好き! at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(24) | 株で儲ける

2008年07月23日

目的の株は、何株から買えるのか 一単元について知ろう

スポンサードリンク

 当然ながら、株で儲けるためにはある程度の資金が必要になります。まとまった資金があれば、てこの原理(レバレッジといいます)で稼ぎも大きくなることがあります。ただし、少数の株にそのまとまった資金を分散しないで投資してしまうと、投資その分リスクも高くなることは覚悟が必要ですが・・・。では株式投資をはじめるにあたって最低いくらぐらいの予算が必要か分かりますか?

 株で儲けるために、まずは安定した有名企業に投資をしようと考えている人も大勢いると思います。ではだいたいいくらくらいを用意すれば株を購入することができるのでしょうか?

 それには、何株単位で購入できるかを知る必要があります。

 例えばある会社の株価が100円だとします。そしてその会社の売買単位は1,000株単位だとします。そうするとその会社の最低購入金額は100,000円となります。

 また別の会社の株価は同じく1000円でした。そしてその会社の売買単位は1株だとします。そうするとその会社はたったの1000円で株を購入することができるのです。

 このように売買可能な最小単位のことを『1単元』といいます。

 株で儲けるためには、なるべく多くの株数を持つほうがいいかもしれません。なぜならば株による利益は、株数が多いほど大きくなるという性質があるからです。できるだけ多くの株を保有することが利益を確保する近道であることは間違いありません。

 ただし、先ほども申し上げた通り、ひとつの株に一極集中するのは、安全性の面でよくないかもしれません。これは鉄板だ、と確信した株では多くの投資をするのも、大きな利益を出すためには必要ですが、資産をいくつかの株に分散させることも、大きな損失を出さないために必要なことでしょう。
posted by 株大好き! at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株で儲ける

2008年02月25日

株主優待制度でお得気分

スポンサードリンク

 株で儲ける方法とはちょっとちがいますが、、キャピタルゲインを得る方法や配当金を得る方法などのほかにも実は株を購入することによって得ることができる利益があります。

 それが、株主優待制度です。

 実は最近多くの会社で自社の製品やサービスを割引料金で提供するといったことをおこなっています。これを株主優待制度と呼んでいます。

 株主優待制度は、食事券や乗車券などの日常生活で利用することが多いものが人気です。また自社の製品以外でも、お米やミネラルウォーターなどを株主に贈っている企業もあります。クレジットカードの加入権、といったものまであるようです。

 例えばビール会社ではビール券がもらえたり、プロ野球球団を持っている会社などは野球観戦チケットなどがもらえたりします。またレジャー施設を運営している会社などは、1日券などを配布しているところもあります。とにかく株主優待制度は株主にとって、とても嬉しい制度なんです。

 株主優待制度を受けるためには、配当金の時と同じように割当基準日に株主名簿に登録をされていないといけません。また株主のところに株主優待制度で得られた商品などが届くのは、割当基準日の3ヵ月後ぐらいが一般的といわれています。忘れた頃にやってくるので、ある意味嬉しいサプライズになるかもしれませんね。

 サービスによっては、持ち株数によって受けることができるサービス内容が異なっていたりするのですが、いろいろな会社の株主になっていると、とてもお得な気分が味わえます。

 もちろん、キャピタルゲインや配当金といった利益がないと、大きく儲けることはできないのですが、こういった楽しみもあったほうがいいですよね。
posted by 株大好き! at 19:16 | Comment(43) | TrackBack(0) | 株で儲ける